結婚式を完璧に挙げ終えるまでに必要な準備

人生の重要なイベントをつつがなく行うために

二次会のお礼に

幹事をしてくれた友達に渡すお礼金

結婚式の二次会は、一般的な「飲み会」の二次会とは異なります。おめでたい結婚式の延長線上にある会ですし、主役は新郎新婦ですから、そうした点に気を使ってくれる幹事を選ぶようにしましょう。 こうした会には様々な人が集まりますので、多くの人達に楽しんでもらうためにも幹事は労力を割く必要があります。幹事を友人や知人に代行してもらった場合、必ずお礼金を包むようにしましょう。 幹事代行のお礼金相場は、一般的に5,000円〜10,000円です。もちろんお礼金をお渡しする時は、普通の封筒ではなくご祝儀袋に入れて渡します。 こうした礼儀は大切ですから、きちんと守るようにしましょう。それが今後の互いの人間関係に影響を与えます。

お礼金の傾向から考える

新郎新婦が結婚後に催される二次会の幹事を友人に依頼した場合、お礼金を包むのが一般的です。 一方近年では、結婚式にかかるご祝儀を免除する事で、幹事を依頼するケースも増えているようです。 結婚式のご祝儀相場は30,000円が普通ですから、幹事には30,000円相当の費用を支払ったと言う事ができます。 一方、どのような形でお礼金を渡せば友達に喜んでもらえるのか、良く考えた上で決断するようにしましょう。 二次会で幹事をする以上、気軽に飲んで騒ぐ事はできませんから、やはりきちんとした形でお礼金を包んだ方が良いでしょう。 ちなみに二次会を行なう会場が決まり次第、幹事を依頼した友人と一緒に下見に行くようにしましょう。会場の規模などを掴んでもらう必要があります。