結婚式を完璧に挙げ終えるまでに必要な準備

人生の重要なイベントをつつがなく行うために

費用重視

賢く費用を節約術する方法

結婚式は、人生に一度の大切なイベントです。 けれど一方でとても幸せな気持ちで結婚式場の門を叩いたら予想以上にお金がかかり驚いてしまうカップルも少なくありません。 また経済的なことを理由に結婚式自体諦めてしまうカップルもいます。 しかし、諦めるのはまだ早いです。 上手にDIYをすれば費用をかなり節約することができます。 結婚式のアイテムの中には自分で作れるものがあります。 席次表や招待状などのペーパーアイテム時間さえかければ自分で作れるものの一つです。 また、リングピローは裁縫が得意な人にお願いしたり、ムービーなどはパソコンが得意な人にお願いすれば費用はぐんと抑えることができます。 他のことも全てを式場に任せずに自分達でなるべく動くようにすることで費用を節約することができます。

年代別結婚式の平均的な費用

結婚式の費用には様々な状況により変化します。 会場、引き出物や料理、演出や衣装など費用に変化をもたらすものはたくさんあります。 そして以外にも目をつけられていない新郎新婦の年齢によっても費用が変化します。 ある程度の年齢になるとどうしてもお金をかけなければならない部分が出てきてしまうのが事実です。 また、単純に年齢が上がるほど経済的に余裕があり、お金をかけた式を望む人も多いのかもしれません。 各世代の具体的な数字は以下の通りです。 20代前半の新郎新婦の場合の費用相場は100万円〜150万円くらいです。 20代後半から30代前半の新郎新婦の場合の費用相場は150万円〜350万円くらいです。 30代後半の新郎新婦の場合の費用相場は200万円〜400万円くらいです。 年齢もそうですが自分達に見合った結婚式にすることが一番ではないかと思います。

  • 二次会のお礼に

    結婚式が終わった後に、二次会を開くことが一般的になってきています。その時に幹事として仕切ってくれた友人に、お礼金を手渡す人もいます。人によって渡す金額は異なってきます。

    詳しく読む

  • 結婚式場を探す

    結婚式を開くときに使用されるのが、結婚式場です。呼ぶ人数や行なうことが出来る演出方法で、式場は選ぶといいでしょう。現在結婚式を挙げる場所として、ホテルが主に使用されています。

    詳しく読む

  • 様々なジャンル

    結婚式をどういった形で行なっていくかは、その夫婦次第になります。人によってスタイルは様々です。出す料理も、豊富なジャンルの中から選ぶことが出来ます。料理のことも考えて結婚式場も選んでいきましょう。

    詳しく読む